Top > お役立ちブログ > 2011年2月の記事

人材ビジネス情報交換会

横浜営業所 石川です

さる2月21日(月)首都圏の人材ビジネスの関係者が有名人材会社含め50社
60名程集まる情報交換会があり、我がエム・ジェイ企画にもなんとお誘いが
あって参加させていただいたんですよ。
題目は・・・
「大きな転換期をむかえつつある人材ビジネスを盛り上げる有志の集い」

 

人材ビジネス業界ってホワイトカラー系の会社さんは凄くビジネスモデルが
しっかりしていて、大手企業さんの資本が入っていたりするのですが、作業系
の人材ビジネスの会社は、規模的なものもあるのか業界として成熟していな
くて横の繋がりが希薄なんだそうです。コンプライアンスと社会的存在意義を
考えるとやはりホワイトカラー系の会社さん(外資が入っていたりします)
に学ぶものが多いというので当社は出席させていただきました。

 

人材ビジネス総合研究所様と人材ビジネス戦略研究会様の主催で、本当に名刺
交換していただいた方々の顔ぶれといったらテレビCMをされているような
会社様、上場企業のグループ会社様ばかりでした、この場をかりてご挨拶させて
いただいた社長様他幹部の方々にはお礼申し上げます。

 

弊社エム・ジェイ企画も少しでもレベルを上げて社会貢献できるような組織に
なっていかなくてはと身が引き締まる瞬間でした。

 

当日の模様は人材ビジネス総合研究所様のサイトにてご確認ください
6枚の写真の真中上部にマイクを持って発言している弊社代表が写っています
いつもながらポジショニングが絶妙だと関心しています。
作業系の物流請負化を模索している人材ビジネスの会社ですがコンプライアンス
を追求していく意思と存在意義の確認は絶えずしていきますので、どうか皆さん
の仲間として今後もご指導くださいって発言していたそうです。

 

人材ビジネス総合研究所 様

2011年2月21日 17:05

個別ページ表示 | admin

【熱血営業マン参上】

はじめまして!!最近オンラインゲームにはまっている営業松川です。
(オンラインゲームは人と人の繋がり、人材ビジネスも人との繋がりが大切
おお~まさに天職だ!!、ちょっと強引でしたね・・) 

 

前回弊社OS事業部の岩村が出席させていただきました経営革新勉強会に
2/18(金)満を持して私、松川が出席させていただきました。もちろん弊社代表取締役
市川も一緒ですが。

 

さて気になる勉強会のテーマは『事業戦略』でした。
今回も各グループに分かれ『事業戦略』について各々の意見をぶつけ合い発表するというような流れ。

 

各経営者様からそれはもう沢山の意見がでました。
どの意見も目から鱗がでるような話ばかりで恥ずかしながら私は感心する事しかできなくて(汗)。


事業戦略と言っても100通りの会社があれば100通りの戦略があるわけで、

ある訳で弊社で言えば常々4つのこだわり、

作業品質

・現場マネジメント

・コンプライアンス

・業務改善

を掲げていますが、これもこだわり=戦略のひとつであるのかなと思いました。

 

後、これは戦略ではなく経営理念・目的の部分になろうかと思うのですがご紹介します。
弊社がここ数年してきた事は弊社スタッフに対して本来国家としてあなたたちにどのように働いて欲しいかというのを伝えてきました。


日雇いではなく出来るだけ長期雇用されて欲しい、一番の願いは正社員として働いてほしい、同時にすでに破綻していると思われますが厚生年金をしっかり納めて欲しい、住民税をしっかり納めて欲しい、人生設計をしっかりつけて結婚して子供を作って欲しい、20年後、30年後の日本を担う人材になって欲しい、という事を伝えてきました。


何が言いたいかというと人材派遣とは仕事を紹介する事だけが仕事ではなく、人に道筋をつける事こそが我々人材ビジネス業において一番大切な事だという事です。

と、若干話がそれた感じになりましたが理念・目的があってこその戦略なのであえて語らせていただきました。

 

今回は勉強会という事で出席しましたが私にとっては社長様方と出会えた事こそが大きな財産になったと確信しております。生かすも殺すも自分次第ですが・・・。
たとえビジネスに繋がらないとしても人脈を広げて自分自身の成長の糧にしてもらいたいというのが弊社市川社長の狙いだったのかと今振り返ると感じるところですね。
(人脈が社長様方ばかりなんて贅沢な話ですよね・・・感謝感謝(汗))

最後になりますが勉強会に参加されました経営者の方々、こんな若輩ものによくしていただき有難うございました。
またお目にかかれたら是非色々ご指導ご鞭撻して頂けると幸いです。

あ、今回の経営革新協会のURLを是非見てください。
一番左下になります。*背中向けているのが松川(残念) 左真ん中が市川代表

 

一般社団法人 経営革新協会

2011年2月19日 12:00

個別ページ表示 | admin

本間塾 塾長本間です。『魁!』の冠はつけるべきか・・・

2月に入り、幾分寒さが和らいだ感じがしますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

ロックビレッジのカレッジの先輩、本間です。

今回、住友生命様主催の異業種交流会に参加してまいりました。
弊社からは佐々木OS事業部長と松川が同行。
リピーターでもある両人はさすがに場慣れしており、我が事業部長はチョイスした料理に舌鼓を打ちながら今宵のお相手も選んでいる様子・・・。

初参加ながら、各方面で活躍されている約300名近い方々が会場に詰め掛ける中で情報交換や歓談の時を共に過ごさせて頂いたことは非常に有意義な時間であったと感じております。


それは

「従来型の単なる人夫出しをする人材派遣会社へのニーズはこの先ない!」

との確信を得たからに他なりません。


つまり逆説的に、人材派遣会社に求められるスタッフのレベルが高度化していく中、人材育成に重心を置いたビジネスを展開していくこと、更に進んで業務請負化で発注先様へ作業品質向上という利益の還元を行うことが生き残りのカギであることを再確認したからです。

会場の熱気に包まれたせいか、汗っかきな体質からか、はたまた冷や汗か、恥ずかしながらハンカチを片時も離せない状態で名刺交換をさせて頂いた次第です。
ご気分を害された方には、この場を借りてお詫び申し上げます。
このような私と名刺交換に応じて頂きまして誠に有難う御座いました。

ある意味"ゆうき"ある行動だったかもしれません。

次回本間塾は、
日時:2月19日(土)19:00から 
場所:MJ企画 横浜本社
小一時間程の勉強会の後、食事会などを予定しております。

新規請負現場立ち上げの最中なので、我こそはと思う方のご参加をお待ちしております。
拠点となる数名の管理者候補が集うことになるのではと予想しております。
乞うご期待・・・

2011年2月 9日 11:46

個別ページ表示 | admin

横浜商工会議所第5回港湾運輸倉庫部会 新春講演会  ◆ロックビレッジ探検 第三章◆

こんにちは、OS事業部 ロックビレッジ岩村です。

2月を迎え新年から新春に変わり、気持ちだけでしょうか
なんだか暖かな日が続いております。

しかし、世界の物流界ではまだ冷たい状況が続いています。

エジプトの反政府デモの影響で、同国の港湾都市
アレクサンドリア・ダミエッタでは貨物業務が滞っていますね。

しかし、幸いにエジプト世界最大輸入の小麦の遅れは生じていない
ようで本国にとっては一安心。

そんな一安心をしたところで、今回は横浜商工会議所港湾運輸倉庫部会

「国際コンテナ戦略港湾・羽田空港の再拡張
    国際化を活かした今後の横浜の活性化戦略」

の講演会に主席して参りました。

弊社からは営業の堀米・岩村の2名が出席
その他、各港湾関係会社様の役員の方々、全80名の参加です。

講師:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社  原田 昌彦先生

現在、東京区港湾のコンテナ取扱量は世界で374万TEUで世界第26位

気になる1位はシンガポールで2587万TEU  2・3・4位はさすが中国!
中国の国全体では6423万TEUの実績です。

20年前はこの5分の1しかなく、現在はいかにコンテナが重要かが分かります。
中国の物流成長は止まることがなく、大きな問題としては、(上海・釜山)が
起点となり、日本まで来ない航路が増加しています。

その中でこれから強化していくひとつとして、航空便を活性化し、国際便を
増やし、本国に物を取り入れしやすくする環境を戦略としてもつ。
まだまだ日本(横浜港)の挑戦はスタートしたばかりです。

人材ビジネスも同じような考えですよね、求めているお客様がいる中で
今後活発に出てくる抵触日問題。
派遣事業の減少が目の前で起きている中、アウトソーシング事業に
意向している我がエム・ジェイ企画。

今後、コンテナ扱い量としては中国は世界一位の地位は継続するでしょう。
弊社も負けず、人材育成に関してのトップ地位は譲れません。

月に一回行われる弊社勉強会・定期的に行う弊社セミナーには
皆様のご参加お待ちしています!(^◇^)

あと、コンテナに興味ある方は是非【延☆嘉隆のスマート宣言!】
をご覧ください!

延☆嘉隆(のぶ☆よしたか)のストリートスマート宣言!

コンテナギャラリー


株式会社 ロジラテジー 代表取締役 延 嘉隆社長のブログです。
本会にも出席されておりお話をさせていただきました。

延社長!勝手に宣伝してすみません!!

ロックビレッジ探検はまだまだ続きます。
次はどこへ探検に行こうかな・・・お楽しみに!!


2011年2月 3日 11:00

個別ページ表示 | admin

« 2011年1月 | | 2011年3月 »