Top > お役立ちブログ > これって社会貢献じゃん?の記事

1/27(金)ワークバランス(働き方改革)シンポジウムに参加しました。

先ごろ、報道により、2050年の日本の人口構成の予測
人口ピラミッドが発表されました。ご存知の通りなので
すが、ちょっとぞっとしますよね、ピラミッドどころか
超高速少子高齢化と医療の進歩によりほぼ全ての年代
が筒(労働人口の割合が極端に減るのです)です。

 

我々が携る労働集約型産業の物流現場においても、画期
的なイノベーションなり、消費行動の変化が起きなけれ
ば、物流現場でどんな人が働くかってイメージできます?

 

5年先が不安になり、参加してみました。

 


共催の港区産業振興課は誰でも社会参加(働く)できる
制度に力を入れているようです。

 

運営の司会進行をしていたフローレンス社の駒崎様には
これからの経営者のリーダー像みたいなものを感じてい
て念願かなってご挨拶する機会があったのでラッキーで
した。

 

学生時代からIT起業で成功したあと、病児保育という
社会的に意義がある活動にシフトして世の中を行政を動
かしている行動力に頭が下がります。

 

C60の谷藤様の出版記念会のとき

と同じように30代後半
IT起業で自信つけて方はとても雰囲気がスマートなの
が印象的でした。我々より少し上のバブル期世代のように
ガツガツしてなくて派手でない感じ。

 

発言で印象に残っているのが「一家の大黒柱のお父さんが
死ぬほど働いて、家族全員を養う仕組みが終わっている。」
というのは共感いたしました。

 

 

フローレンス社
(必要な部分上手に選別してHP拝見してください。)↓
http://florence.seesaa.net/article/241704373.html

 

 

つまり  
日本人の働き方が変わる 対応できたところが勝ち組になる。
をどう実践していくかって事ですね。

 

人を使うという永遠の課題の認識を雇う方と雇われる方が
敵対していく構図でなく、共存共栄できる仕組みを構築でき
た組織が生き残ると強く感じました。

 

弊社、物流計画請負 現場においても、アウトソーシング
事業部を立ち上げてから丸一年経ち、物流人材派遣のみでは
社内的に、一番業界的に求められている、物流現場管理者
、特に、30歳台前後の伸び盛りの社員を育てることが困難と
判断してシフトしたのを更に組織的に更新して常に送り出す
仕組みを強化し、かたや年齢が高い方、主婦の短時間就業者
も意識が高ければ積極的に物流現場リーダーへ登用すること
をしていく必要性を痛感しました。

 

 

【魁!本間塾ブログ】


【ロックビレッジ探検】
     ↑
たまたま全く別の集まりにOS事業部現場管理者が参加しま
したが、感じるものは、一緒だったようです。

 

 

当日パネリストとして参加されていた企業様

株式会社アイ・エス 様 全社員時給制導入

株式会社ガイアックス 様 就業規則等の意思決定に従業員
が参加

NPO法人育て上げネット 経営幹部が休暇を消化して大胆に権限委譲

 

 

全てが、労働者と向き合って試行錯誤しながら出てきた制度
と思われます、大事なのは、制度を取り入れることと、行き
つくに至った。動機と思いを真似ることだと思われます。
弊社でも、対外的に発表できる仕組みを完成したら、HPにて
ご報告いたします。            市川俊孝

 

 

 

港区ワークライフバランスのチラシ

 

港区ワークライフバランスの概要

 

 

 

駒崎様が出演してる若い方のみの討論番組です。もう一度
この方達のように頑張ろうって思えるかもしれませんよ。
    ↓
日本のジレンマ


 

 

 

【物流計画請負】
【計画的自社雇用】
【物流現場派遣抵触日対策】
一緒に解決します。

 

バナー.jpg

株式会社エム・ジェイ企画

2012年2月21日 17:13

個別ページ表示 | admin

1/24(火)C60 谷藤社長の 出版記念会に参加して

少し前の石川ブログ 会議室入りびたり組でも
紹介されていましたが 

 

【出版記念交流会に参加しました】

 

 

著書に関しては、そちら方面素人なのでコメントは
出来ませんが・・・・

谷藤さんはITを使い教育・キャリアアップを理念
としている会社の社長様です。

かつて大手IT系人材派遣会社に勤めていたことが
あり、その時の派遣会社のあるべき姿に確固たる
信念をもたれていて、都内派遣会社の交流会や勉強
会に参加して、事あるごとに持論を告知している方
です。 

 

 

テンプスタッフ旅立ちサポート.pdf(PDFファイルです)

 

 

勢いのあるる産業はいいとこ10年であるとか、
終身雇用が崩壊しているとか、年功序列が出来ない
企業の現実を、出来るだけ早く受け入れて、一所に
留まらず自ら意思をもって、異業種を渡り歩き、
常にキャリアアップ思考で若い人には突き進んで
欲しいという考えが

 

弊社HPでもうたっている、【MJ企画卒業】と近い
物を感じて、交流させてもらっています。

たまたま当日は数十名の谷藤様とご交流のあるITの
社長様が多かったので、皆さんに同じ質問をしてみ
ました。

 

 

Q(市川)「これだけ情報が簡単に検索できると、
  商品の取扱説明書とか商品のアピールポイント等
  いつでもどこでも閲覧できて、営業マンのすべき
  ことが減ってきて、しまうのでは?」
  
  ( 私自身売り込み営業がとても苦手(笑い)な
   ので、営業って仕事は、絶対になくならないと
              思っているのですが )

この質問の答えで、驚いたのが、ITの会社の社長
さん方が みなさん同じことをおっしゃっていました。

「 あなたの言うとおりです。だからうちは、
  エンジニアにも、対人コミュニケーション能力
  の強化をしつこく言っています。お客あっての
  商売ですから。 」

 

 
ITと対人コミュニケーション能力 正反対ではないん
ですね。

やはり人と向き合える能力って、それだけで、つぶしが
利くのかなって思ってしましました。

我が物流現場でも、みんなが人と向きあう能力をレベル
アップさせて、「卒業」して行くことを願います。

 

 

【参考記事】

人員の余剰移動富士通.txt

 

 

参考として余剰人員の削除→配置転換による業務変更を
促がす試みを見つけました。    

 

 

 

【物流計画請負】
【計画的自社雇用】
【物流現場派遣抵触日対策】
一緒に解決します。

バナー.jpg

株式会社エム・ジェイ企画

2012年2月15日 14:10

個別ページ表示 | admin

経営革新協会 年初賀詞交換会のご報告とお礼

1/13(金) 一般社団法人 経営革新協会の賀詞交換会に参加
させて頂きました。中小企業経営者が100名近く参加したのでは
ないでしょうか。

 

その中、主賓で元キリンビバレッジ社長の阿部洋己様と
お話させて頂く貴重なお時間を頂いた事に感謝しております。

 

一緒に参加した、横浜営業所所長韮澤も申しておりましたが
中小企業と言えども、経営革新計画(物まねでない新しい試み
を事業計画として提出して、審査の上都道府県に於いて承認
を受けている企業)を実践してる経営者はやはり話していても
違うという印象を受けたそうです。

 

【経営革新協会】


阿部洋己様書籍.jpg

阿部洋己様書籍 

 


講演の中で印象的だったのが(著書にも書かれています) 
与えられた環境において「土地と人と徹底的に向き合う」
物を売るのではなく、これからは「事と提案を売る」という
言葉が考えさせられました。目に見える商品でなくてもサービス
で付加価値を見えるように作り出して提供することを、物流現場
で今後も課題にし、更に強化する必要性を再認識しました。

 

物流現場 ※物流計画請負※ もっと実現していきたいですね。 

 

名刺交換のほんの5分でしたが、正規雇用の枠が広がらない現状
と数少ない雇用のチャンスを掴むための支援の試みをしている
人材会社ですと弊社の説明をしたところ、「その試みを必ず実現
して見えるようにして欲しい。」という激励の言葉を頂きました。

 

正社員になることのみをゴールとするのではなく、
(現状正社員や公務員といえどももはや生涯報酬を約束された
物ではないことに気付いているでしょうから)大卒でも10人に
3人が内定をもらえない現実を受け入れて、どうせ働くなら地位
にしがみついていくより、学べること(弊社、計画請負では人的
マネジメントスキル)を磨いてキャリアアップしていくことに
労働側も意識改革が必要と再認識いたしました。

 

市川 俊孝 

 

 

【物流計画請負】
【計画的自社雇用】
【物流現場派遣抵触日対策】
一緒に解決します。

バナー.jpg

株式会社エム・ジェイ企画

 

2012年2月14日 11:22

個別ページ表示 | admin

« お役立ち情報 | | 会議室入りびたり組 »